盗聴器発見のすべてを紹介します。


盗聴器の種類


技術に進歩により、小型化・精密化の進む盗聴器。あなたは目にしたことがありますか。
一般的に売られている盗聴器の中には、外装を偽装し、一見して盗聴器には見えないものが多く存在します。盗聴器が中に仕込まれていることがあるものとして有名なのが、ぬいぐるみ。
「そういえば、誰かに贈られたことがある。」そんな場合注意した方がいいかもしれません。
ぬいぐるみの他にも、どこの家にもある電源タップや時計、ボールペンなど盗聴器が入るものであればどんなものでも偽装できてしまいます。

ここでは一般的な盗聴器の種類を紹介しましょう。

偽装型盗聴器
外装を他のもので偽装した盗聴器。今やどんなものに偽装していてもおかしくない。

リモコン型盗聴器
盗聴器を仕掛けた人間によって、盗聴の開始、終了を手元ですることのできるもの。

音感知式盗聴器
部屋の中や部屋の中のものに仕掛けられ、その部屋の中で発せられる音を感知し、作動し出す盗聴器。

スクランブル式盗聴器
盗聴している人間にしか、盗聴の内容を聞かれないように、頻繁に盗聴電波の周波数を変える盗聴器。

デジタル式盗聴器
電波がデジタル方式の盗聴器。アナログに比べ、見つかりにくいとされている盗聴器。今や主流になってきている。


盗聴器の世界にもデジタル化が進み、今までのアナログ用の盗聴器発見機材だけでは見つけることは難しいようです。
もしも、盗聴の不安を感じ、盗聴器発見を考えているのなら、デジタル対応の盗聴器発見機材の購入を考えるか、所持している業者に依頼することをお勧めします。