盗聴器に使用される周波数について


盗聴器の周波数とは

盗聴には、無線盗聴器と有線盗聴器の2種類が存在します。
そして、盗聴でもっとも使われている盗聴器の種類が無線盗聴器です。
この無線盗聴器のメカニズムは簡単です。周囲の音を特定の周波数で外部へ発信するだけのものです。

簡単とはいいましたが、周波数という言葉を日常で使い、周波数に詳しいという人は少ないと思います。
盗聴器発見調査では、盗聴器発見器を使用して、盗聴器から発信されている周波数を傍受して、盗聴器の有無を調べます。
そのため、盗聴に使われる周波数を事前に知っておく必要があります。

盗聴に使われる周波数で、よく使用されているのが、398.605MHz(Ach)、399.455MHz(Bch)、399.030MHz(Cch)の3つの周波数で、これを「盗聴3波」と呼ばれるものです。

市販の盗聴器発見器でも、この3波に対応したものがほとんどです。

盗聴3波以外の周波数を傍受するには、他の周波数も傍受することができる受信機が必要になります。

盗聴に使われることが多い盗聴3波ですが、他の周波数がまったく使われないわけではありません。盗聴に使われる周波数は膨大で、すべての周波数を一つの盗聴発見器で傍受しようとおもえば、数百万円もする盗聴器発見器を用意する必要があります。

もしも、自分で盗聴器の周波数を傍受しようとした場合は、盗聴3波をまず調べてみて、それで不安が残るようなら、専門業者へ依頼をして、他の周波数で盗聴されていないかを調べるのをおすすめします。